どこの税理士に相談をする?

税理士に相談するメリットはいろいろありますが、それぞれ税理士によって異なる部分もあるので、どこの税理士に依頼しても同じだと言って適当に選んでしまうと後悔してしまうので注意が必要です。ここではこれから依頼を検討している人のためにどのような税理士に相談をするといいのかについて紹介します。

まず1つ目は設立後の顧問契約の有無をチェックしましょう。例えば法人を設立した後も経営に関する知識があまりない人は不安に思うことがあるかと思いますが、こういった時に顧問契約をしてサポートをしてくれる税理士かどうかをチェックしておきましょう。契約ができないと設立後は相談することができないので、なるべく設立前だけではなく、設立後も相談ができる税理士を選ぶようにしましょう。

続いて2つ目は設立後の面倒な税務の届け出もお願いできるかチェックしましょう。設立前の手続きの代行してくれる税理士は多いですが、中には設立後も税務の届出をしてくれる税理士も存在しています。税務の届出なども面倒な手続きになるので、負担を軽減させたいと思っている人は代行してくれる税理士を選ぶといいでしょう。説明した2つのようにどのような税理士に依頼をするかも重要です。

<参照サイト>会社設立代行依頼_アディーレ

会社設立をスムーズに進めるために

会社設立をスムーズに進めるためには税理士への相談と代行をしてもらうのが起業するまでの時間を早める方法の一つになりますが、起業をするにあたって自分でもいくつか決めなければならないことがあるので、さらにスムーズに進めるためにもここでは事前に決めておきたいことについて話します。

まず1つ目に大切なのが会社名です。経営していくにあたって重要なポイントとなりますが、会社名は基本的に税理士が決めるということはありません。自らで決めなければならないので、税理士に依頼する前には決めておきたいことです。会社名を決める時にはいくつかルールはありますが、それほど難しいことはないので、ある程度税理士に依頼する前には決めておくといいです。

続いて2つ目は絵事業目的を明確にしておきましょう。株式会社を設立する時には基本原本を書き記した「定款」を作成することになります。作成するにあたって事業目的は必須となるので、具体的に決めておく必要があります。

このように、会社を設立する時に自分で決めておきたいことについて説明をしましたが、税理士に任せっきりにするのではなく、よりスムーズに会社設立をするためには忘れずに決めておくといいでしょう。

会社設立の代行を税理士へ相談するメリット

会社設立は代行の形を取ることができ、自身での手続きが面倒な人は税理士に設立代行を頼むことでスムーズに行うことができます。設立を代行する時はいろいろな相談が可能ですが、どんな相談を頼めるのか、この記事では税理士に相談するメリットをお伝えします。

まず1つ目は融資の相談が可能な点です。税理士への相談の幅は広く、融資の相談も聞いてもらえます。法人化する時は実際にビジネスを始めるにあたって資金の調達を考える人も多いでしょう。中には資金調達のために法人化にする人もいます。しかし、知識がないと融資を受けられませんが、税理士にお願いすると、どの方法なら金融機関からの信頼を得られるかなど融資に対して細かな情報を教えてくれるので魅力的です。

また2つ目は節税の相談も可能です。法人で所得が増えるとそれだけ税金も発生しますが、税理士がいれば節税面の相談もできるので、あまり知識がない人でも安心して経営を進められます。その他にも会社経営の相談も行うことが可能です。起業家の中には経営の知識を知りたい人もいますが、代行サービスの利用で習得できます。

税理士に頼むことでさまざまなメリットが得られるので、なるべく会社設立をする時は一人ではなく、税理士の力を借りた方がいいでしょう。

会社設立をお考えの方へ

独立を考えている人はフリーランスとして活動するか会社設立をするかの2択で悩んでいる人が多いです。その中でも会社設立をするか迷う人も多いかと思いますが、そもそも、会社を設立することで得られる利点にはどのような点を挙げられるのでしょうか。

利点の一つとして挙げられるのが、信頼の面で有利になることです。例えば企業との取引をする場合、企業によっては個人事業主との取引はしない会社も多いです。また、Webサイトの運用に関しても、情報を公開している法人の方が信用が高くなることがあります。他にもいろいろな信頼の面で会社設立をした方が有利となる点が多いです。特に信頼を得たい方は会社設立について検討しましょう。

また、節税も魅力の一つです。節税はフリーランスでも可能ですが、幅の広さが違うのが特徴的です。例えば経費ですが、法人の場合は生命保険や自宅兼事務所、自動車、退職金などフリーランスでは認可されないことが認められます。幅が広くなるので節税面でも魅力があります。

このように、世の中には会社を設立した方が有利になる人も多くいます。実際に会社を設立しようか迷っている起業家もいますが、会社の設立は税理士に相談をすることでスムーズに進めることができるので、まず悩んでいる人は税理士への相談を検討するといいでしょう。会社設立に関して会計事務所を利用すれば代行サービスを利用できます。代行サービスを利用すればどのような利点を得ることができるのでしょうか。