会社設立をスムーズに進めるために

会社設立をスムーズに進めるためには税理士への相談と代行をしてもらうのが起業するまでの時間を早める方法の一つになりますが、起業をするにあたって自分でもいくつか決めなければならないことがあるので、さらにスムーズに進めるためにもここでは事前に決めておきたいことについて話します。

まず1つ目に大切なのが会社名です。経営していくにあたって重要なポイントとなりますが、会社名は基本的に税理士が決めるということはありません。自らで決めなければならないので、税理士に依頼する前には決めておきたいことです。会社名を決める時にはいくつかルールはありますが、それほど難しいことはないので、ある程度税理士に依頼する前には決めておくといいです。

続いて2つ目は絵事業目的を明確にしておきましょう。株式会社を設立する時には基本原本を書き記した「定款」を作成することになります。作成するにあたって事業目的は必須となるので、具体的に決めておく必要があります。

このように、会社を設立する時に自分で決めておきたいことについて説明をしましたが、税理士に任せっきりにするのではなく、よりスムーズに会社設立をするためには忘れずに決めておくといいでしょう。