どこの税理士に相談をする?

税理士に相談するメリットはいろいろありますが、それぞれ税理士によって異なる部分もあるので、どこの税理士に依頼しても同じだと言って適当に選んでしまうと後悔してしまうので注意が必要です。ここではこれから依頼を検討している人のためにどのような税理士に相談をするといいのかについて紹介します。

まず1つ目は設立後の顧問契約の有無をチェックしましょう。例えば法人を設立した後も経営に関する知識があまりない人は不安に思うことがあるかと思いますが、こういった時に顧問契約をしてサポートをしてくれる税理士かどうかをチェックしておきましょう。契約ができないと設立後は相談することができないので、なるべく設立前だけではなく、設立後も相談ができる税理士を選ぶようにしましょう。

続いて2つ目は設立後の面倒な税務の届け出もお願いできるかチェックしましょう。設立前の手続きの代行してくれる税理士は多いですが、中には設立後も税務の届出をしてくれる税理士も存在しています。税務の届出なども面倒な手続きになるので、負担を軽減させたいと思っている人は代行してくれる税理士を選ぶといいでしょう。説明した2つのようにどのような税理士に依頼をするかも重要です。

<参照サイト>会社設立代行依頼_アディーレ